★キルザキングのHARDな毎日★

「BayFMバンド」こと「TRADISS」のVOCAL「キルザキング」の音楽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

レンタルお姉さん/荒川龍

レンタルお姉さん/荒川龍
レンタルお姉さん

この本を読んで思ったこと…
「誰でもみんな悩みを持って生きているんだなあ。」

「レンタルお姉さん」とはNPO法人「ニュースタート事務局」がニートと呼ばれる
引きこもり(本来イギリスで発祥したNEET/ とは日本では若干意味が変わってきており、
自宅に引きこもって社会生活を絶っている若者のことを指す。)の両親から依頼を受けて
引きこもり者を外社会に引っ張り出すために、派遣している人達のことです。

本来、引きこもりとなる人達には、いじめとか病気、受験・就職の失敗などの理由で
精神的にダメージを受け、自分は社会に必要の無い人間だと思い込んでしまうこと
から始まるようです。

この本には、そんな「引きこもり」の人達を定期的に訪問し、徐々に信頼関係を
築いて社会に適応できるようにさせていく、そんな「レンタルお姉さん」たちの
奮闘振りが詳細に渡り書かれています。

しかし、僕は彼女たちの壮絶な仕事ぶりよりも胸を打たれたことがありました。

彼女たちも、実は過去に心に傷を持っており、今も悩みながら毎日を過ごして
いるんです。
それでも彼女たちは毎日引きこもりの人を外へ連れ出すために、日々様々な
努力をし、充実感を感じながら生きているという事です。

僕も高校生の頃、危うく「引きこもり」になりかけた事があります。
どうして自分が存在しているのかが分からず、生きている実感が感じられず、
親に罵詈雑言を吐き、暗い部屋で布団をかぶっていた当時は、まさに
「引きこもり」の状態だったと思います。

ただ、少し違ったのは「音楽」と「友人」がいたことです。
朝から学校はサボり、夕方から家を抜け出してバンド仲間の家やライブハウスへ
毎日通う生活を繰り返していました。
そしてライブハウスのマスターの紹介で喫茶店でバイトをすることになり、
バイトを通じていろんな人に会い、世の中というものを学んで行ったのです。

やはり、乱雑に言ってしまうと「引きこもり」はその人の周囲の環境によって
左右される部分は大きいと思います。
親の考え方、友人の存在、学校の先生や同級生、職場の上司・同僚…
好むと好まざるに関わらず、そういった人達からの影響力はとても大きい
ものと思いますし、それが良い方向に働く力とは限らないですよね?

何かの原因で他人との関係が良好に保てなくなり、何もかも放り捨てて
逃避したい衝動に駆られることは、誰にでもあるんじゃないかと思います。
そこを救ってくれる「力」が、時に「友人」であったり、「占い」であったり、
「自己啓発セミナー」であったり、「宗教」であったりするのかも知れません。

その中でなお、自分の居場所を見つけられず、社会生活から逃避してしまった
人達がいわゆる「引きこもり」と呼ばれるだけのことであり、どんな人でも
他人事ではなく、ある意味「紙一重」でバランスを保っているのでしょう。

また、世の中と関わりを持たずに生きている、「引きこもり」の彼らのその姿は
一種の「生きている自殺」なのかも知れません。
スポンサーサイト
  1. 2006/06/10(土) 00:30:01|
  2. 本について|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「へんな会社」のつくり方/株式会社はてな社長 近藤淳也著

先日買った本。
「へんな会社」のつくり方/株式会社はてな社長 近藤淳也著

はてな


さて、「はてな」とは…

>株式会社はてなが運営する「人力検索はてな」「はてなアンテナ」
「はてなダイアリー」等のサイトの総称。2001年7月運営開始。
ユーザーの皆さんにとって便利で使いやすく、あれば生活が豊かになる、
そんなツールをどんどん提供したい、それがはてなのモットー。

と、自社のホームページ内に掲載してありました。

実は、僕も先日この会社に営業に行きました。
少し前にmixiの笠原社長と一緒にテレビに出ていて、面白いなあ、と感じていたので
飛び込みで訪問してみたのです。
結果的には、某日本最大手の通信企業のビルの中に居たために、ガードマンに
止められて訪問は不可能でした。
仕方ないので電話でアポイントを取ろうと思ったら、ホームページに電話番号が
載っていない!
あるのは問い合わせ用のメールアドレスのみでした。
そこでメールを書いてみたら、副社長からメール返信が来ました。
(驚いた…)

この本を読むと、会社の中も外へも情報を共有させるようにしているそうで、
社内外へのメールは全てメーリングリストで社員全員で共有しているとか…
僕とのメールのやり取りも全て社内を回ってるんだなあ、などと考えて
しまいました。


基本的に奇をてらっている訳ではなく、近藤社長本人が考えていることを
自分に忠実に実行している事と、社員が近藤社長を心から尊敬している事で
この「へんな会社」が運営されているんだなあ、などと考えて
しまいました。

この会社には今後も注目して行きたいと考えています。
もちろん「はてな」のアカウントも取りましたよ。
質問にも答えてポイントも貰いました。(^O^)
  1. 2006/06/04(日) 21:25:05|
  2. 本について|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

最近買った本

前回の記事に関連して、最近買った本を紹介します。

ひすいこたろう著
「名言セラピー」
(出版:ディスカヴァー・トゥエンティワン
名言セラピー

先日、お客さんと待ち合わせをしていて、小1時間ほど
時間が空いてしまった時にコンビニで買いました。

ちょっとウサンクサイ感じでしょ?(^○^)
帯裏には、

 3秒で人生は変わる!…と聞いたら、
 あなたは信じますか?
 人生の達人の名言に学ぶ
 毎日ハッピーで、
 仕事もノリノリで、
 お金持ちになって、
 おまけにモテモテになる視点の持ち方」


と書いてあります。

ううむ、本当に3秒で人生が変わるかどうかは別として、
書いてあることは、確かに「良いコト」が書いてあります。
読むとちょっとホッとするのは間違いありません。(^○^)

30分くらいで読み切れるので、オススメですよ。

少しだけ中身に触れておきましょう。


 こんなアンケートがあります。
 アメリカで90歳以上のご老人に聞いたものです。

 質問はただ一つ。

 「90年の人生を振り返って
 唯一後悔していることは
 なんですか?」


 これに対して90%の人が同じ答えだったそうです。

 さて、なんだと思いますか?

 「もっと冒険しておけばよかった」

 だそうです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
               というわけで…3秒セラピー

 もっと冒険しておこう

               まだ、僕らは間に合いますから。




と、こんな感じで70の言葉がまとめられている本です。

一番最後の言葉は、ちょっと考えさせられますよ。
ぜひ読んでみてください。

最近の僕のオススメ本です。





  1. 2006/04/30(日) 16:10:02|
  2. 本について|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

音楽本

僕は読書が好きです。

しかも1冊を超高速で読む。
そして同じ本を何度も読む。
そして読み始めると止まらない。

それは子供の頃からのクセのようで、
小学生の頃は母親から「本禁止令」が
出ていたこともあった。
母親には、今で言う「引きこもり」のように
見えたのかも知れないですね。
それに対抗するために、押入れに閉じこもって
本を読んだりしていました。

その当時「児童小説」と呼ばれていた本は
かなり読みましたねえ。
当時の子供向けの小説といえば、グリム童話であったり
アンデルセンやイソップ、ジュール・ベルヌの
十五少年漂流記、ラブレーのガルガンチュア物語、
デフォーのロビンソン漂流記、セルバンテスの
ドン・キホーテなど、海外の物の方が好きだったかなあ。
ちなみに、今の「児童小説」ミリオンセラーは、
ハリーポッターがダントツ!
他には「かいけつゾロリ」、「エルマーの冒険」、
「学校の怪談」などなど…
昔とは全然変わっていますね、当然ですが…
でも、「スーホの白い馬」と「星の王子様」は
ランクインしていますねえ。

中学~高校の頃は、シャーロックホームズや
アガサクリスティや江戸川乱歩、横溝正史などの
推理(ミステリー)モノにハマリ、その後は
星新一、小松左京、筒井康隆などのSF小説も
読み倒しました。

平行して「漫画」もよく買っていましたねえ。
当時単行本で数百冊は持っていたはず…
東京に来る時に、ずっとアルバイトをしていた
喫茶店に全部寄贈しましたね。
持って来れなくて…

その頃の反動もあり、最近は「ブック・オフ」
なんぞに行った日にゃ、相当まとめ買いしたり
します。
まゆさんには「また売れ」とよく言われますが、
「本は財産だ」との持論があり、絶対に売る気に
なれませんねえ。(^○^)
また、「本は自分への投資だ」という持論も
あるので、うっかり本屋に行くと、すぐ数千円
の買い物をしてしまいます。
最近は「ビジネス書」を買うことが多いですが、
本当はあまり好きではありません。
多分、「仕事」に理由を付けて本を読むために
「ビジネス書」を買うんだろうなあ、と思う事も
ありますね、時間も無いし…
しかも、買ってもロクに読まないで放置してある
ことも多く、本を買うことで満足している自分も
居るんだと思う。
ビジネス書以外だと「短編集」か「漫画」だね。
どこから読んで、どこで止めても平気なモノ。
そんな本しか最近は買っていないなあ。

おお、タイトルに「音楽本」と書いたのに、
音楽本について何も触れていないぢゃないか!

さっき押入れの中の「中島らも」の本を探していたら、
出てきた本。
KEITH

STING

キース・リチャーズの方は1/4くらいの所、
スティングの方は2/3くらいの所に「しおり」が挿んである
ということは、完読していないということらしい…

  1. 2006/04/23(日) 23:38:23|
  2. 本について|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

キルザキング

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。